バイアグラの効果

バイアグラの効果

勃起不全(またはED)の治療を行う時に使用する薬をED治療薬と言います。今現在3種類の銘柄が発売されておりますが、その中で一番最初に開発されたのがバイアグラです。誰でも一度は聞いたことがあるであろう治療薬で知名度はかなり高いと思われます。しかしその詳細はあまり知られておらず、勃起させてくれる薬と言う認識でしかない人も多いです。

最も愛用されているED治療薬

最も愛用されているED治療薬

1998年に発売され歴史も古く長い間愛用されているバイアグラ。他にもED治療薬は販売されておりますが、信頼性は一番高いと考えられております。発売当初は男性にとって「夢の薬」とも呼ばれ海外での使用は大変メジャーです。日本国内で購入する場合は医師の処方が必要ですが、海外から個人輸入、または通販サイトを利用することで医療機関へ行かず手に入れることもできます。ただし通販サイトで購入する場合は偽造薬の氾濫が指摘されていますので、十分信頼のおけるサイトを選び購入をして下さい。

勃起不全は通常、加齢とともに起こりやすくなります。神経伝達や、動脈の働きが鈍くなるからです。しかし若い世代でも勃起障害になってしまう人が増えております。EDの原因は肉体的な要因もそうなのですが、精神的な要因から起こることがほとんどだとされており、社会的ストレスや対人関係などが神経伝達に影響を及ぼし勃起しにくくなるのです。

バイアグラの作用機序

バイアグラは別名ホスホジエステラーゼ5阻害薬(PDE5阻害薬)と呼ばれており、勃起をしにくくさせてしまう酵素(PDE5のことです)を阻害してくれる作用があります。その作用機序は血管の拡張作用および血流の促進です。するとペニスへ流れる血液の量が大幅に増えるため海綿体がより膨張し勃起が促進されるのです。

効果時間・副作用

効果時間・副作用

効果持続時間は4時間~5時間とされており、服用後30~60分ほどで効果が得られます。ただし食事の影響を受けやすいのでなるべく空腹時に服用して下さい。特に脂分の強いものは間隔を2時間空けても効果が期待出来ないと考えられています。その理由としてシルデナフィルは腸より吸収されるため、脂分がそれを邪魔し、吸収がうまくいかないためです。どうしても食事をしなくてはならない時はあっさりとした食事をとるようにしましょう。

副作用は顔の紅潮が多数報告されております。全身の血流が活発になるために起こるとされていますが、電気を暗くすることでカバー出来ます。その他目の充血・鼻づまり・頭痛も起きますが全て一時的なものです。副作用の症状が続く場合は使用を控え医療機関で診察をして下さい。

バイアグラの服用方法・効果的な使用方法

服用方法を解説する医者

世界で最初に登場したED治療薬である「バイアグラ」。使ったことはないけど、名前くらいは知っているという人もいるかもしれません。バイアグラを服用することで勃起するので正常にセックスを行うことができます。EDの症状で悩んでいたという人には頼もしい医薬品です。

しかし、バイアグラを服用すると勃起してセックスができるようになる、というのは認識としては正しくありません。バイアグラの効果は、血管の拡張と血行の促進をさせることであり、服用することで勝手に勃起へ至るという効果はりません。

勃起へ至るには、通常通り性的興奮が必要になります。バイアグラには催淫効果などもありません。

さて、そんなバイアグラの効果を正しく得るためには、服用方法を正しく知って、服用する必要があります。

バイアグラは一回一錠、性行為の30分前に服用するのですが、この際に気を付けておきたいことが二点あります。

ひとつは食事による影響を考慮しておかなければならないという点、そしてもうひとつは水かお湯で服用するという点です。

食事とは一緒に服用してはいけないというのもあるのですが、気を付けたいのが服用する際の飲み物。アルコールを飲んだ後で服用するという人もいますが、少量なら問題ありませんが、たくさんアルコールを摂取してしまうと、身体があることに負けてしまって、せっかくバイアグラが効いていても、正しく勃起しないということも起こってしまいます。

また、グレープフルーツジュースと服用するというのは特に気を付けたいところです。バイアグラの成分とグレープフルーツジュースの成分は相性が悪く、副作用が強く出てしまうので、一緒には飲まないようにしましょう。

バイアグラは一錠の中に決められた有効成分が入っています。たった一錠という中に一定の量が入っているので、微妙な調整はできません。バイアグラには㎎もいくつか出ていますが、その間というのはありませんので粉物のようにわずか減らすという方法はできません。体質によると効果が微妙に強いとか弱いということもあるでしょう。

副作用を減らすために100㎎のものを半分に切って50㎎にするという方法は良く知られています。これ以外にも食事に影響されるといわれているものの、100㎎のものを食事の1時間前に4分の1、食事中に4分の1、服用することで食後のセックスも万全で楽しめたというやり方もあるようです。

また、継続させて服用し続けることで効果も顕著に現れるようになるので、一度だけでなく続けていくようにしましょう。

バイアグラの体験談

バイアグラを服用する男

バイアグラは世界で最初に登場したED治療薬。

本来は別の医薬品として作られていたといわれています。

しかし、その狙っていた効果がしっかりと得られず、代わりに勃起促進の効果が確認されたことからED治療薬として路線変更をしました。

その発見が無かったら私たちがバイアグラを手にするのはまだ先だったかもしれません。

そんなバイアグラを実際に使った事のある人の体験談を紹介しましょう。

ひさびさに妻と旅行をする機会がありました。

子どもが離れ、二人の時間が増えたことで昔のように熱い夜を迎えることも増えて来ていたのですが、私の方が準備が整わず、セックスは満足する形にはなってはいませんでした。

私も今年で59になりますので、致し方の無いことだと諦めておりましたが、旅行先が新婚旅行と同じ場所だったということもあり、こんな時くらいはしっかりとセックスを楽しみたいと考えておりました。

そこで妻には内緒でこっそりと買っておいたのが「バイアグラ」です。

バイアグラのことは昔から知ってはいたのですが、実際に自分が使用するとは思ってはいませんでしたので、最初は少し緊張もありました。

本当に効くのだろうか?副作用でセックスどころではなくなってしまったら、妻に申し訳ない…など考えていたのですが、実際に使ってみるとどうでしょう。

副作用は鼻づまりこそ感じたものの、それ以外はいつも通りで、陰茎はしっかりと勃起するではありませんか。

使って30分程で効いて来ると聞いていたので、それくらいには布団に入り妻と前戯で楽しんでいると20代の頃のように下半身に熱いものを感じて、大きくなっていたのです。

その夜は久しぶりに熱い夜になりました。

今では使い始めて三ヶ月目になります。

あれ以来バイアグラが手放せなくなって、毎回使っています。

三ヶ月使い続けて分かったのですが、体調によっても効き目がまばらな時もありました。

最初は30分ほどで効いてきたのですが、その次は1時間を超えたあたりまで効果を感じられず、その次はもう少しかかったような気もしました。

身体が薬に慣れたのかなと思ったのですが、時には30分も待たずに効いてくるなど、体調も多少は影響あるのだなとわかりました。

そして、三ヶ月目となる現在では効果が使い始めのころよりも顕著にあらわれている、つまり効きやすくなっているように思います。調べると実際使い続けることでより効果を得られるとのことでしたので、このまま使い続けようと思っています。