ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品を解説する医者

近年よく耳にする「ジェネリック医薬品」という言葉。

聞いたことはあるけれど、イマイチ何のことなのかわからないという人もいると思います。ずっと健康で、病院はおろか医薬品に関わることも無かったという人であれば、そういった人も多いのではないでしょうか。

このジェネリック医薬品を知っているか知っていないかで治療費はもちろん、生活に大きな影響を及ぼすものなので知っておきたいところです。

もちろんこれはED治療薬を必要としている人にもいえることです。

まずジェネリック医薬品は簡単にいうと「同等の効果がありながらも安価で買える別の医薬品」というものです。

バイアグラなどの医薬品を使いたいけど価格が気になるという人であっても、「同じ効果で安く買えるバイアグラのような医薬品」であれば購入することができます。

しかし、なぜそういったことが起り得るのか気になるところでしょう。

ジェネリック医薬品は、後発医薬品ともいいます。

これに対し新薬が先発医薬品といわれていて、新薬のあとに作られる医薬品、それがジェネリック医薬品なのです。

次々と新しい医薬品、新薬が世に出ていきますが、実は新薬が発売されるまでには度重なる研究が必要なのです。

一から作り出すため、そこには膨大な時間と費用を必要とします。

おおよそではありますが、9~17年と500億円かかると言われています。

最近出た新薬であっても9年も前から研究が始まっていたということになります。

通常新薬が発売される際には特許を取得します。

この特許が切れた後は他の製薬会社もその医薬品を作ることができます。

その際には新薬のように一から作り出す必要はありません。新薬という前例があるからです。

はじめて飛行機を作った偉人のあと、多くの人が飛行機を作り飛ばしたように、見本にして無駄を無くし効率よく生み出して行けます。

ジェネリック医薬品の製薬期間は3年、費用は1億円程度と言われています。

これこそがジェネリック医薬品が安価で世に発売される理由なのです。

安いとちゃんと効かないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

厚生労働省の厳しいテストをしてそれをクリアしないと発売はできませんので、効果の保証もあるというわけです。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品のメリットを解説する医者

ジェネリック医薬品が発売されることで得られる恩恵といえば、同じ効能が安価で手に入るというところです。

ED治療薬というのは一度や二度だけ使うものでもありませんので、どうしてもその回数というのは重ねていきます。

病院で処方されたものを購入しているという人もいるとは思いますが、その金額はおよそ1錠あたり1,500~2,000円という感じですので、生活費を圧迫していくので困っているという人もいるでしょう。

しかしジェネリック医薬品の場合、その金額はおよそ三分の一ほどで済む場合もあり、とにかく安価だというのが最大のメリットではあります。

しかし、ジェネリック医薬品のメリットというのはその価格だけではありません。

同等の効能を安価で……というのがジェネリック医薬品ですので、当然そこには極力似通った物ができ上がるというイメージがありますが、じつはそうではなく、中には本家は錠剤だったのにジェネリック医薬品はゼリー状というように全く別物のようになってしまっているものもあります。

もはや違う医薬品なのでは?と感じてしまうのですが、例え錠剤がゼリーになったとしても、それはジェネリック医薬品なのです。

というのは、ジェネリック医薬品では変えてはならないところと変えても良いところというのがあります。

有効成分の量や種類、用量と用法、そして効能や効果というのは変えてはいけませんが、効果に関係ない添加物や形、味というのは変えても良いということになっています。

これによってどのようなメリットがあるのかというと、たとえば元の医薬品が苦くて飲めないというものがあったとしても、ジェネリック医薬品では甘くすることで飲みやすくできますし、また、大きすぎて飲み込み辛かったとしても、ジェネリック医薬品で小さくすることで飲み込みやすくできるのです。

そのため、この効能が必要だったけど飲み辛かったので服用を諦めていたという人も、ジェネリック医薬品なら飲めるということもあるのです。

ジェネリック医薬品の誕生で、価格や内容の変更などから、今まではその効能が必要なものの医薬品に手が出し辛かったという人も手に取りやすくなりました。

さらに言えば、もとの医薬品の他にもジェネリック医薬品という形で、医薬品が世に出回っていくというのは、必然的にその効能の医薬品がそれだけ多く出回るということでもあるので、選択肢が増えるだけでなく、助けられる機会が増えるということでもあります。

それこそがジェネリック医薬品の最大のメリットかもしれませんね。

バイアグラのジェネリック:カマグラPOLO

カマグラPOLOのパッケージ

バイアグラのジェネリック医薬品に、カマグラというシリーズがあります。

名前が全く違うので意識できず見逃していた人もいるかもしれませんが、カマグラはバイアグラと同様の効能を持つED治療薬です。

カマグラシリーズと説明しましたが、その中でもとりわけ異彩を放つのが「カマグラPOLO」です。

カマグラPOLOはバイアグラと同じシルデナフィルを有効成分としているので、バイアグラと同じように血管拡張から血流を促進、勃起の終了を促す酵素PDE5を阻害し海綿体に十分な血液を送り、性交を満足に行える勃起を保つことができます。

バイアグラとカマグラPOLOの違いはジェネリック医薬品ですので、当然ながらカマグラPOLOの方が安く購入できるということが魅力です。

しかし、決してそれだけではありません。「味」にも魅力があるのです。

ED治療薬を利用して治療するという中、味に関しては気にも留めていなかったという人もいるかもしれません。

しかし、味が付いているだけで飲みやすさや楽しめるという要素が付いてくるので、その影響は大きく、服用の際の印象というのも全く違うものとなります。

フルーツフレーバーになっており、まるでお菓子を食べているかのように噛み砕いて服用できるというのが特徴です。

フルーツフレーバーは万人受けするといっても過言ではありません。

ハッカやコーヒー味となると嫌がる人もいるのですが、フルーツフレーバーを嫌がるという人は少ないため、味のチョイスも魅力的です。

また、カマグラPOLOの服用方法や注意点などはバイアグラのそれと変わりません。

一日一回一錠までという限度、水やお湯で服用すること、アルコールではそこそこに、グレープフルーツジュースとは飲まないこと。

そして、食事の影響を受けるので、服用の際には空腹時にすること、などなど…といった決まりは同じです。

ただ、カマグラPOLOの内容量は100mgとなっています。

これは一日に摂取できる限界を超えてしまっています。

日本では50mgが最大なのですが、それでも100mgとされているのは、海外のジェネリック医薬品だからです。

身体の規格を海外の方に合わせているため100mgとなっているのです。

とはいえ、服用できないというわけではありません。カッターなどで半分に割って利用することで50mgとして利用することができます。

この使い方をすることにより、ただでさえ安いジェネリック医薬品を購入したうえで、半分にすれば2倍使えるということになるので、とてもお得なのです。

できるだけED治療薬を安く手に入れたいという場合には、カマグラPOLOがオススメだといえるかもしれません。

バイアグラのジェネリック:スーパーカマグラ

スーパーカマグラのパッケージ

セックスを滞りなく楽しめるようにするために利用するED治療薬。

勃起ができないとなれば挿入もできないので、勃起促進や勃起維持というのは重要なポイントだといえます。

バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラシリーズのひとつ、「スーパーカマグラ」というのがあります。

バイアグラと同様、勃起の促進と維持をサポートしてくれるので、今まで勃起不全に悩まされてセックスを楽しむことができなかった方にオススメです。

しかし、セックスを滞りなく楽しむという意味で考えれば勃起以外にも問題はあります。

それは早漏です。

ED治療薬で勃起ができた際、多くの人が勃起したこと自体に感動し興奮してしまい、今までよりも早く果ててしまうようです。

特に、もともと早漏気味だという人は注意しなければなりません。早漏に拍車をかけてしまうことになってしまいます。

せっかく勃起して挿入はできても、早漏によって楽しむ間もなく果ててしまってはセックスを楽しむことはできません。

挿入して5分で果ててしまったとなれば女性も満足はしないでしょう。

事実、お互いが満足できるセックスが行えないというのは、別れ話にももつれるほどのものなので、挿入できて射精まで行けたから良いというものではないのです。

とはいえ、ED治療薬は勃起をさせるものですから、「早漏防止」というのはまた別の問題です。

せっかくED治療薬で勃起ができても、次は早漏について頭を悩ませることになるというのは辛いところ。

しかし、じつはスーパーカマグラには勃起促進と維持の他にも早漏防止効果があるのです。

スーパーカマグラには早漏防止の効果があるので、勃起して挿入した後も興奮に負けず、女性を満足させるほど保つことができます。

個人差はあるものの通常の2~3倍は射精を遅らせることができるといいます。

早漏防止の医薬品を探さなくても、これひとつで二つの効果があるというのはお得ですし、なによりも便利ですよね。

スーパーカマグラは、もとはバイアグラのジェネリック医薬品なので、服用方法もまたバイアグラと同じです。

水かお湯で服用し、服用する際はアルコールはできる限り控え、グレープフルーツなどは避けます。

また、食事の影響を受けやすいため、空腹時の服用を心がけましょう。

効き目は30分~1時間程度であらわれはじめて、6時間前後効果が持続します。

ただし、スーパーカマグラは他の製品に比べて有効成分の容量が多くなっています。

はじめて使用する際はピルカッターなどで割って、服用量と自分の状態を比較しながら使うことをおすすめします。

シアリスのジェネリック:シアリスODフィルム

シアリスODフィルムのパッケージ

ED治療薬でも人気が高いシアリス。

その理由はウィークエンドピルといわれるほどに長時間効果が持続する点、そして副作用の軽さにあります。

最大36時間という長さは、女性と会う前から服用できるため、女性にED治療薬を服用していると知られることなく服用できるというのは、男性にとってとても魅力的な部分だといえるかもしれません。

やはり男たるもの、女性の前ではいつでも性行為に応えられる姿というのを見せたいですし、ED治療薬を服用しないとセックスがままならないと悟られるのが耐えられないという人もいるでしょう。

さて、そんなシアリスにもジェネリック医薬品は存在します。

シアリスジェネリックとして「シアリスODフィルム」というのがありますが、これは先述した女性に悟られずに服用するという意味では最高の医薬品だといえるでしょう。

フィルムというところでもしやと思った人もいるかもしれませんが、シアリスODフィルムは錠剤ではありません。フィルム状の医薬品です。フィルム状になっているため、水無しで服用することができますので、スッといつでもどこでも服用することができるのです。ED治療薬のなかでも変わった医薬品だといえるシアリスODフィルム。水無しで飲めるというのは面倒臭さが軽減されているという印象だと思いますが、これは意外に便利さがあり、日常的に水を飲むことができないシーンというのは意外にあったりするので、そういった意味でも魅力的な医薬品だといえるでしょう。

また形状によりどこにでも持ち運べるというのも嬉しいところ。財布やバッグなどに簡単に忍び込ませておくことができます。

また、フィルム状というのは見た目も医薬品らしさがなく、女性から見てもED治療薬とは思えないというのが最大の利点です。

女性に、EDで治療薬を使っているというのを知られたくない、長時間性行為を楽しみたいという人にはオススメのジェネリック医薬品です。

シアリスODフィルムは使っている本人すら医薬品というのを忘れてしまうほど手軽な医薬品ですが、その実態はシアリスですので、当然注意事項もシアリスのそれと似通っています。

たとえば副作用ですが、ED治療薬ではおなじみの頭痛やほてりなどが挙げられています。

シアリス同様、その発症率は少なく気になることはありませんが、全くないということもないので留意しておくようにしましょう。

また、グレープフルーツジュースなど柑橘系との組み合わせも悪いのは相変わらずなので、一緒に食べるようなことはないようにしましょう。

シアリスのジェネリック:アプカリスSXオーラルゼリー

アプカリスSXオーラルゼリー

長時間性行為を楽しみたい、もしくはいつ女性に求められても応えられる男でいたいというのは、多くの男性が思っている事ではないでしょうか?

しかし、なにかしらの要因でEDとなってしまったなら、それらは反対にプレッシャーとなり苦しめる要因になることでしょう。

そこで服用したいED治療薬ですが、服用しているというのを女性に知られるというのは嫌だ、という人ならシアリスを選ぶことでしょう。

バイアグラなどは即効性のため、服用してすぐ効果が出て6時間前後という効き目が多いので、どうしても服用の際には女性と一緒ということがありますが、シアリスのような36時間持続という効き目のある医薬品ですと、服用するのはバレませんので安心です。

ところで、こういったED治療薬には錠剤が多いのですが、錠剤は苦手という人もいらっしゃると思います。

どういうわけか喉のあたりでくっつくとか、飲み込む感覚が嫌というのもあるでしょう。

さて、そこで紹介したいのはシアリスのジェネリック医薬品、「アプカリスSXオーラルジェリー」です。

これは錠剤ではなく、ゼリー状になっているので、錠剤が苦手という人でも安心して服用することができます。

ゼリーですので水なども必要なく、そのまま服用できるという手軽さもメリットのひとつです。

ゼリーだと聞くと、では味はどうなのだろう?と思うかもしれませんが、フルーツをメインとした風味が付けられており、飲みやすさにも一役買っています。

さらにその種類も多く、アプカリスSXオーラルジェリーは7袋入りなのですが、パイナップル風味、オレンジ風味、ストロベリー風味、バニラ風味、キイチゴ風味、バナナ風味、キャラメル風味となっていいます。

このように、すべてが違う味となっているのです。

そのため毎回違った味で服用できるので、次はどんな味で飲もうかなといった楽しみも味わえるようになっています。

このようにゼリーでフルーツメインの味付きというスタイルから、おいしく利用できるので医薬品というよりは、まるでお菓子でも食べているように利用することができるというのは魅力だといえるでしょう。

また、アプカリスSXオーラルジェリーはシアリスのジェネリック医薬品ではあるものの、効き始めがシアリスよりも早く、性行為の1時間前から服用することができます。

かといって効果の切れ目が早いというわけではなく、36時間しっかりと効果があるので、むしろお得だといってもいいでしょう。

レビトラのジェネリック:バリフ

バリフ

レビトラのジェネリック医薬品に「バリフ」というものがあります。

バリフは価格が1錠200円程度とかなり安くなっており、ED治療薬の中でもその安さはトップクラスです。EDを治療したいけれど長期治療となると費用が心配……という人にはオススメの医薬品だといえるでしょう。

バリフはレビトラのジェネリック医薬品ですので、即効性に長けており、空腹時には最短15分で効果を実感できます。その後5~9時間効果が持続します。

しかし、1日1錠という決まりがあり、効果が切れたからといって24時間以内にまた服用するというのはしないようにしておきましょう。

アルコールは服用し過ぎるとアルコールの影響の方が強くなるのでほどほどにすること、グレープフルーツなど柑橘系と一緒にとらないことという注意点も、レビトラと同じです。

副作用も同じで、頭痛、ほてり、めまいなどがありますので留意しておきましょう。

バリフにはじつは錠剤タイプとゼリータイプが存在しています。

錠剤が良いという人はそのまま錠剤タイプで服用していくようにするとしても、飲み込むのが好きではないという人にはゼリータイプをオススメ。

オレンジ、パイナップル、ストロベリー、バナナ、ミント、バタースコッチ、ブラックカラントといった味があるので楽しみながら服用することができます。

錠剤とゼリーという形は違っても、そこには同じくバルデナフィルという有効成分が20㎎含まれているので、効果のほどはどちらを服用したとしても変わりません。

ですが、ゼリー状の方が錠剤と比べて効果が即効性があるので、即効性にこだわりたい人はゼリータイプを購入してみるといいでしょう。

また人によるとゼリータイプの方が勃起力が強いという報告もあるようです。

恐らくゼリーという吸収力が良いためだと思われます。

より強く効果を得たからといって、たくさん服用するというのはやめておきましょう。

ただ、効率よく効能を得たいというのならば、錠剤、ゼリーともども食事の影響を受けやすいというところを考慮して、空腹時か、食事をしても腹六分目にしておくようにしましょう。

服用の際に気を付けたいのは、錠剤は効果や副作用がキツイと感じた場合カッターなどで半分に割って服用することができますが、ゼリータイプではそれができません。

半分飲んであとは袋をしっかり閉じて冷蔵庫で保管するという方法であればできなくもありませんが、やはり一度封を開けてしまったものは早めに服用するようにした方が良いでしょう。