勃起不全のセルフチェック

勃起不全のセルフチェック

自分が勃起不全(ED)ではないかと心配になってしまったら、それをチェックをする方法があります。IIEF(国際勃起機能スコア)の略で、治療の判定に使われるものです。これは問診の際の補助資材に利用できるようですので、医師へ知らせてみるのもいいのではないでしょうか。この問診票はそれぞれの回答に点数が付けられており、合計点数21点以下の人は、勃起不全であることが疑われます。それでは早速始めてみましょう。最近6ヶ月以内の間に該当するものを選んで下さい。また表現方法は一部変更しております。

Q1.勃起時、その状態を維持出来る自信はどのくらいありましたか?

1)非常に自信がない 2)自信はない 3)まあまああった 4)それなりにある 5)非常に自信がある

Q2.性的刺激により勃起した際、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか?

0)一度もなかった 1)ほとんどまたは全く 2)たまになった 3)時々なった 4)しばしばなった 5)ほぼいつもまたはいちも

Q3.性交時、挿入の後にどのくらいの頻度で勃起の維持が出来ましたか?

0)性交を試みなかった 1)ほとんどまたは全く 2)たまに出来た 3)時々維持できた 4)しばしば維持出来た 5)ほぼ毎回または毎回

Q4.性交時、性交を終了するまでに勃起を維持することはどれくらい困難でしたか?

0)性交を試みなかった 1)極めて困難であった 2)とても困難であった 3)困難であった 4)少し困難であった 5)まったく困難ではない

Q5.性交を試み際、どれくらいの頻度で性交に満足しましたか?

0)性交を試みなかった 1)ほとんどまたはまったく 2)たまに満足した 3)時々満足した 4)しばしば満足した 5)ほぼ毎回または毎回

どのような結果になりましたか?21点以上ありましたか?特に5~7点のスコアになった人は重度の勃起不全を罹患している可能性が高いので、出来る限り医師に相談をして下さい。今では有効な治療薬もありますし、医師と話をするだけでだいぶ楽になると思います。あくまでも参考程度でしかありませんが、結果によりすでに症状が進んでいる可能性もあるのです。

勃起の硬さチェック:EHS

勃起の硬さについて解説する医者

勃起不全の症状をチェックしたい、そのように思った時には専門の病院へと行き、問診や実際に勃起した際の状態を確認してもらうといった方法によって、勃起不全の進行度合いなどを正確に判断してもらうことができます。

しかし、わざわざ検査をしてもらうためだけに病院に行くのは抵抗がある……というような人もいるでしょう。

そのような人は、一度勃起不全のセルフチェック方法であるEHSというものを行ってみましょう。

このEHSというのは、正式にはErection Hardness Scoreと呼ばれる物で、日本語訳すると勃起時の硬度測定結果というものになります。

EHSの測定方法というのは非常に簡単で、性器を勃起させた際に陰茎がどれくらいの硬さになるのかを調べるというものです。

EHSの測定結果はグレード0からグレード4の5段階となっており、内訳としては

・グレード0:陰茎に充分な血液が流れず、大きくならない

・グレード1:陰茎にある程度血液が流れるので大きくなるけれども、硬くはならない

・グレード2:陰茎が勃起するけれども、性行為を行うには不十分な硬さである

・グレード3:性行為に支障は出ないけれども、充分な硬さではない

・グレード4:性行為に一切支障がない

というものになります。

このEHSの測定を行う際、各グレードの目安として良く利用される物に食べ物の硬さがあります。

各グレードを判断する基準として利用される食べ物として、グレード1から順にこんにゃくの硬さ、みかんの硬さ、グレープフルーツの硬さ、りんごの硬さとたとえられています。

EHSを測定する為に性器を勃起させ、触った際の硬さと先述した食べ物の硬さを比較しながら、自分の性器がどれくらいの硬さなのかというのを調べ、勃起不全のセルフチェックを行ってみましょう。

注意点として、このEHSの測定は、性行為の際に行うようにしましょう。

というのも、勃起不全の症状の中には、普段はきちんと勃起するけれども、性行為を行う際にだけ発症してしまうという少々特殊な症状が存在しています。

そのため、朝目が覚めた時に性器が勃起している状態、いわゆる朝起ちと呼ばれる状態の時にEHSの測定を行う、または自慰行為を行う際にEHSの測定を行うというのは、器質性EDのような、慢性的な勃起不全を発症しているかどうか……というのを簡易的に調べることはできますが、性行為を行う際に症状があらわれるような、特殊な勃起不全を発症しているかどうか、というのを調べるのには向いていないのです。

なので、もしこのEHSの測定を行って勃起不全を発症しているかどうかを調べたい、という風に思っているのであれば、必ず性行為を行う際にEHSの測定を行うようにしましょう。

EDの症状にはどんなものがあるの?

EDの症状について解説する医者

EHSの測定結果によって勃起不全を発症しているかどうか、というのを調べる際には、どのような症状があらわれれば、勃起不全を発症している可能性があるのか、というのを知っておきましょう。

まず最もわかりやすい症状としては、性器が勃起しなくなるというものがあります。

勃起不全の原因は様々な物がありますが、どのような原因であっても、この勃起不全を発症すると性器に対して充分な量の血液を送ることができなくなってしまう、もしくは性器を勃起させるための信号が脳から上手く伝わらなくなってしまいます。

そうすると、性器を勃起させたいと自分は思っていても、性器が思ったように勃起してくれない……というような、勃起不全の症状があらわれてしまうのです。

そして、この勃起不全の症状の中には中折れと呼ばれる症状があります。

この症状というのは、性器はなんとか勃起けれども、性行為の最中に突然風船から空気が抜けるように、急激に性器が萎えていってしまうという症状です。

このような症状が現れてしまう原因というのは、性器を勃起させた後に脳から送られる、「勃起状態を維持し続けろ!」という信号が上手く伝わらなくなってしまう、もしくは性器の勃起状態を維持させるために存在している機構の働きが弱っている、というのが大きな原因となります。

勃起を維持させる機構の働きが弱ってしまうと、海綿体に満たされた血液がその機構から漏れだしてしまい、勃起した性器が萎えてしまうのです。

勃起不全を発症してしまうと、このような症状があらわれるようになります。

様々な方法でセルフチェックを行っている最中に、このような症状が見られた時には、本当に勃起不全を発症してしまっている可能性が非常に高いので、治療用の医薬品を使用するなどの方法で勃起不全の治療を始めるようにしましょう。

また、勃起不全の中には先述したような症状が性行為を行う際にだけ発症するというような、少々特殊な勃起不全も存在しています。

なので、もしセルフチェックなどを行って勃起不全を発症しているかどうかを調べた際、特に何も問題がないと思っていても、実際に性行為を行おうとしたら、何故か勃起しない、もしくは中折するという場合もあります。

そのような時にも、きちんとした治療方法で勃起不全の治療を行うことによって、また性行為を行えるようになるので、セルフチェックなどでは特に問題がなかったけれども、いざ性行為を行うとなるとなぜか勃起不全の症状があらわれてしまったという人も、治療薬などを使用したED治療を始めてみましょう。